ファンハール構想から消え…マンU香川古巣ドイツに都落ち

公開日:  更新日:

「やっているサッカーが凄く楽しい。こういうサッカーをやり続けていけば、必ず結果は出せる。今は(所属のマンチェスター・ユナイテッドで)やっていく気持ち。そのために戦っている」

 4日(日本時間5日)、国際チャンピオンズ杯決勝が米国マイアミで行われ、マンUがリバプールとのイングランド対決を制して初優勝。賞金1億円を獲得した。冒頭のコメントは、後半24分からトップ下として途中出場した日本代表FW香川真司(25)が、大会を総括する格好で発したものだ。
 同杯開幕戦はボランチで起用された香川。しかし、先月29日のインテル戦、2日のレアル・マドリード戦、そしてリバプール戦はトップ下でプレー。総出場時間は短かったが、自身が希望するトップ下でプレーして優勝に貢献できたことが「凄く楽しい」というコメントにつながったのだろう。

 しかし、香川のマンUでの立場は「非常に厳しい」のひと言。というのも、新監督ファンハール(前オランダ代表監督)は「決勝終了後、今季のチーム構想に関して選手と面談。戦力外リストを作成する」と明言。そのリストにFWエルナンデス、MFナニ、フェライニとともに香川の名前もリストアップされているともっぱらなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る