ファンハール構想から消え…マンU香川古巣ドイツに都落ち

公開日: 更新日:

「やっているサッカーが凄く楽しい。こういうサッカーをやり続けていけば、必ず結果は出せる。今は(所属のマンチェスター・ユナイテッドで)やっていく気持ち。そのために戦っている」

 4日(日本時間5日)、国際チャンピオンズ杯決勝が米国マイアミで行われ、マンUがリバプールとのイングランド対決を制して初優勝。賞金1億円を獲得した。冒頭のコメントは、後半24分からトップ下として途中出場した日本代表FW香川真司(25)が、大会を総括する格好で発したものだ。
 同杯開幕戦はボランチで起用された香川。しかし、先月29日のインテル戦、2日のレアル・マドリード戦、そしてリバプール戦はトップ下でプレー。総出場時間は短かったが、自身が希望するトップ下でプレーして優勝に貢献できたことが「凄く楽しい」というコメントにつながったのだろう。

 しかし、香川のマンUでの立場は「非常に厳しい」のひと言。というのも、新監督ファンハール(前オランダ代表監督)は「決勝終了後、今季のチーム構想に関して選手と面談。戦力外リストを作成する」と明言。そのリストにFWエルナンデス、MFナニ、フェライニとともに香川の名前もリストアップされているともっぱらなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  9. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 10

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

もっと見る