活躍遅いとすぐブーイング 香川真司は古巣復帰でも正念場

公開日: 更新日:

 日本代表FW香川真司(25)の独ドルトムントへの復帰が、現地8月31日に正式決定した。18年6月30日までの4年契約で、一部報道によると移籍金は11億円、年俸4億円といわれる。

 10年7月に加入したドルトムントで2季連続リーグ優勝の立役者となった香川だが、12年6月に英マンチェスター・ユナイテッド入りしてからは、パフオーマンスを落とす一方。出場38試合・6得点で、今季リーグは3戦連続出番なしだった。

 一時はマンUでのレギュラー奪取に懸けていた香川も、ファンハール監督から「私の希望と哲学を満足させなかった」と厳しい評価を下され、このまま残留しても昨季と同じベンチ要因だと考えたのだろう。移籍市場が閉じる前(最終日は現地9月1日)に移籍を志願。古巣ドルトムント返り咲きとなった。

 かといって、香川にとって今回のドルトムント復帰は、決して楽な出戻りではない。むしろハードルは高いかもしれない。ドルトムントのクラブ幹部もサポーターも、香川に対しては「栄光をもたらしてくれた頃のシンジ」のイメージが色濃く残っている。それだけに、在籍した10-11、11-12シーズンのような活躍をすぐにでも見せないと、サポーターは容赦なくブーイングを浴びせてくる。

“勝手知ったる我が家”に戻れて香川はハッピーだろうが、与えられる時間は決して長くはないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る