海外リハビリ組より元気なし 香川真司はもうW杯後が憂鬱

公開日:  更新日:

ファンハール新監督正式発表

 日本代表欧州組の合同自主トレ最終日(19日)は、右ヒザ痛で別メニュー調整中のDF酒井宏樹(ハノーバー)以外の8選手が約1時間半、フィジカル強化中心の練習メニューをこなした。

 最終日に注目されたのは、リハビリ中のDF内田篤人(シャルケ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、MF長谷部誠(ニュルンベルク)の回復具合よりも「FW香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)の調子が上がっていない」(サッカー専門誌記者)コトである。

「最初のランニングでチンタラ走っていると思ったら、サーキットトレーニングが始まるとパス&ゴーのメニューではスピードに乗れず、ゴムボール上でのジャンプ、ランニング中に立ち止まって膝に負荷をかけるメニューなど、ひとりだけ回避していた。練習後には、開放されたバックスタンドまで選手が移動してサインなどファンサービスを行ったが、香川だけクラブハウスにそそくさと移動した」(カメラマン)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る