日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ACミラン本田 開幕戦衝撃先制弾で今季“王様”君臨の予感

 日本代表MF本田圭佑(28)が、ラツィオとの今季セリエA開幕戦で先制弾を決め、3-1の勝利に大きく貢献した。

 3トップの右で先発した本田。前半7分に見せ場がやってきた。左FWエルシャーラウィーが左サイドを突破。逆サイドをフリーで駆け上がった本田を目掛けて右足アウトでクロスを送った。走り込んだ本田が右足インサイドで合わせたボールは、GKの股間越しにネットに吸い込まれた。

 両手で握りこぶしを作って仁王立ちの本田。CFメネズに抱きつかれながら、ドヤ顔で「決めたのはオレや!」のアピール。アシストのエル・シャーラウィーと抱き合いながら破顔一笑である。

 後半も攻守にハードワークの本田は32分にお役御免。地元サポーターの大拍手を背に受けながらベンチに戻った。試合後は公式チャンネルで「厳しい試合になることはわかっていた。でも僕たちはアメリカツアーからハードワークしてきた。チームは成長しているし結果に満足してる」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事