広島と1ゲーム差首位攻防 巨人は地方でホーム戦の“痛恨”

公開日: 更新日:

 今季の広島戦は7勝9敗1分けと分が悪い。東京ドームでは4勝4敗1分けの五分としている一方、敵地マツダスタジアムでは3勝5敗。残り7試合となった直接対決が優勝争いを左右するのは間違いないが、この3連戦が終了すれば、残りはマツダでの4試合を残すのみとなっている。

 巨人にとって今年のマツダは鬼門。切り札のセットアッパー山口は、広島戦の防御率11.81、敵地では27.00と突出して相性が悪い。巨人の選手からは「イヤな球場といえば、昔はナゴヤドームだったけど、今は広島のマツダ」という意見が大半。だから、鬼門に行く前に東京ドームでライバルを叩いておきたかったのだ。巨人は今季、東京ドームで34勝19敗1分け。現在の貯金12は、本拠地で稼いだものと言っていい。

 球団の方針とは裏腹に、巨人は地方で弱い。これまで8試合で3勝5敗。大事なきょうの初戦に先発する杉内は屋外球場を苦手とし、慣れない地方のマウンドを好まない。現在の7勝中、屋根があるドーム球場で6勝、5敗中3敗を外で喫している。7月12日の阪神戦以来、白星から遠ざかっているその杉内は昨1日、ジャイアンツ球場で調整し、「勝てるように頑張ります」と話し、長野入りした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る