日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原博実氏が語る「ザック日本の敗因」「専務理事兼務への批判」

 ザッケローニ前監督を招聘した日本サッカー協会の原博実・専務理事兼技術委員長(55)は、9月から専務理事の立場から協会の改革に全力投球していく。改めてブラジルW杯の敗因、ハビエル・アギーレ監督(55)就任の経緯、今後の改革案などについて90分間ズバリ迫った。

■監督の途中交代は考えなかった

――W杯本大会でのザッケローニの選手起用、采配、戦い方についての印象を教えて下さい。記者席からベンチワークを見ていて「混乱しているのでは?」と思いました。

「監督も選手も、そしてサポーターたちも『前に行くんだ! 攻撃するんだ!』という意識が強く出てしまった。対戦相手も、日本を徹底的に研究してきました。いずれにしても、選手交代など混乱していたのでは、と言われても仕方ない部分はあったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事