日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初召集の5人は実力未知数…アギーレ選考に疑問と困惑の声

 アギーレ代表監督が選んだ代表初招集のJリーガー5人が、大きな波紋を呼んでいる。

 スポーツ各紙は「誰にでも代表入りのチャンスがある。Jリーガーのモチベーションは一気に高まった」と大騒ぎだが、Jリーグの現場からは、「代表チームは、その時点でベストの選手が選ばれるもの。B級品ばかりを選んだアギーレの目は節穴なのか?」という声が噴出しているのだ。

 確かに、Jリーガー5人の誰もが「A代表にふさわしい」と納得するような選手は皆無である。

 広島の身長186センチFW皆川佑介(22)はエアバトルに強く、前線からの守備にも定評があるとはいえ、まだまだ粗削りだ。鳥栖の身長185センチFW豊田陽平(29)と比較すると格段に見劣りする。皆川のJ1通算出場時間は238分。通算450分以下に適用される「年俸480万円以下」の格安選手でしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事