最下位ヤクルトに完敗…巨人敗因は原監督の「続投決定」か?

公開日: 更新日:

 5日、巨人の白石オーナーが「このままの調子を持続できれば優勝も夢ではない。来年も当然、続投となる」と原監督の来季続投を明言した。来季が2年契約の2年目で、続投は既定路線。スポーツ紙が「原、続投決定!」と騒ぐほどのものではないのだが、少なくとも指揮官が野球に集中できる環境が整った途端、巨人がヒドイ試合をやった。

 最下位ヤクルトを相手に、先発の内海が10安打4失点で六回途中KO。攻撃陣は、今季初先発で防御率9.00の七條にわずか1得点と抑え込まれて、プロ初完投勝利を献上するお粗末さである。

 前日4日に優勝を争うライバルの広島に3タテを食らわして、マジック22が点灯したばかり。勢いが加速するはずの試合でしかし、投打にまるで元気がなかった。内海はスコアリングポジションに毎回ランナーを背負うピッチング。散発の5安打に抑えられた打線は狙い球がはっきりせずに淡々と凡打を重ねた。七條の球数は9回で111球。いかに巨人打線に粘りも工夫もなかったか、ということだ。

 白石オーナーは「好不調を乗り越えて勝利につなげてきた。選手の見極め、起用、原采配が当たっている。選手をうまく活用してくれている」と原監督の手腕を絶賛していたが、球界内では必ずしもそう受け止められてはいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”