試合内容は八重樫の圧勝…KO逃した村田諒太「課題」浮き彫り

公開日: 更新日:

 失望したボクシングファンも多いだろう。

 5日、ダブル世界戦の前座として、ロンドン五輪金メダリストでWBC世界ミドル級12位の村田諒太(28)が登場。同級メキシコ王者にして世界21位のアドリアン・ルナ(24)にプロ転向後初となる判定勝ちを収めた。

 もっとも、内容はあくびが出るほど退屈な試合。格下の相手を仕留めきれず、ズルズルと10ラウンドを戦った。「6ラウンドぐらいからキツくて、心が折れそうになった」とは試合後の村田だ。

 ボクシングに関する著作も多いスポーツライターの織田淳太郎氏が言う。

「村田は前に出る圧力とパンチ力が武器。しかし、ルナは体が柔らかく、パンチを食らってもダメージを流す技術に長けていた。村田は途中から攻めがワンパターンになり、ルナに見切られていた。もっと左を多用したフェイントや左右の動きがあれば良かったのですが……。プロよりラウンドの少ないアマチュア出身なだけに、スタミナ切れも目立ちました」

 村田陣営は来年中の世界戦を考えているようだが、明らかに時期尚早。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”