試合内容は八重樫の圧勝…KO逃した村田諒太「課題」浮き彫り

公開日:  更新日:

 失望したボクシングファンも多いだろう。

 5日、ダブル世界戦の前座として、ロンドン五輪金メダリストでWBC世界ミドル級12位の村田諒太(28)が登場。同級メキシコ王者にして世界21位のアドリアン・ルナ(24)にプロ転向後初となる判定勝ちを収めた。

 もっとも、内容はあくびが出るほど退屈な試合。格下の相手を仕留めきれず、ズルズルと10ラウンドを戦った。「6ラウンドぐらいからキツくて、心が折れそうになった」とは試合後の村田だ。

 ボクシングに関する著作も多いスポーツライターの織田淳太郎氏が言う。

「村田は前に出る圧力とパンチ力が武器。しかし、ルナは体が柔らかく、パンチを食らってもダメージを流す技術に長けていた。村田は途中から攻めがワンパターンになり、ルナに見切られていた。もっと左を多用したフェイントや左右の動きがあれば良かったのですが……。プロよりラウンドの少ないアマチュア出身なだけに、スタミナ切れも目立ちました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る