4連続KOも弱小相手では…色褪せる村田諒太の五輪メダル

公開日: 更新日:

ボクシングミドル級10回戦

 やる前から勝負は決まっていた。ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太は22日、メキシコのヘスス・ネリオに6回2分35秒でKO勝ちした。とはいえ相手は村田の1回の左フックの一発でボディーが弱いのがミエミエ。ミドル級なのにパンチも迫力なし。

 こんな相手と分かっていたからか、村田はリングに上がる花道でファンとハイタッチしたり、笑顔を見せていたように、緊張感ゼロだった。

 これでデビュー以来、4連続KOだが、五輪金メダリストの村田には勝って当然の相手。層の厚いミドル級でステップを踏んで世界へということのようだが、これでは評価も上がらず、ファンも離れていく。実際、過去3戦はゴールデンタイムに中継していたが、ネリオ戦は夜11時からの放送だった。

 ボクシングは弱い相手にいくら連勝しても評価されない。亀田興毅がいい例だ。負けても強い相手とやる方が評価される。村田と同じロンドン五輪金メダル(ライト級)のワシル・ロマチェンコはプロ転向後2戦目でWBO王者サリドの持つ世界フェザー級タイトルに挑戦。1―2の判定で惜しくも負けたが、評価は下がるどころかむしろ上がっている。6月21日には、サリドが剥奪された王座決定戦を同級1位のラッセル・ジュニアと行うことになっている。

 来年春に世界ランカーと対戦、冬には世界選手権とプロモーターは計画しているというが、この調子でやっていたら、そのころには村田の金メダルも色褪(あ)せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る