捕手で初フル出場 西武・森友哉「レギュラーへの道」見えた

公開日: 更新日:

 西武は29日のオリックス戦でドラ1ルーキーの森友哉(19)をスタメンマスクに抜擢した。先発は5年目左腕の菊池雄星。世代は違えど、甲子園を沸かせた2人がバッテリーを組んだ。

 森の先発マスクは8月1日以来となる2度目。これまでは「一軍投手の知識がないのでリードできない」(袴田ヘッド兼バッテリーコーチ)と、ほとんどが代打起用だった。

 それでも森を使ったのは、正捕手炭谷の疲労が蓄積しているためだ。集中力を欠く正妻はここまで5失策。捕手としてはリーグ最多で4捕逸も同2位。守備率.993は同ワーストだ。

 森にとってオリックスはプロ初本塁打を打った相手。しかも、4打数4安打と相性がいいチームということもあったのだろう。森のスタメンマスクは夏休み終盤のファンサービスにもなった。

 だが、今の西武は3位日本ハムと8ゲーム差の4位。CS進出はほぼ絶望的だ。正捕手の炭谷もオフにFA移籍が濃厚ともっぱらだから、なおさら森に1試合でも多くマスクをかぶらせて経験を積ませるべきではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る