捕手で初フル出場 西武・森友哉「レギュラーへの道」見えた

公開日:  更新日:

 西武は29日のオリックス戦でドラ1ルーキーの森友哉(19)をスタメンマスクに抜擢した。先発は5年目左腕の菊池雄星。世代は違えど、甲子園を沸かせた2人がバッテリーを組んだ。

 森の先発マスクは8月1日以来となる2度目。これまでは「一軍投手の知識がないのでリードできない」(袴田ヘッド兼バッテリーコーチ)と、ほとんどが代打起用だった。

 それでも森を使ったのは、正捕手炭谷の疲労が蓄積しているためだ。集中力を欠く正妻はここまで5失策。捕手としてはリーグ最多で4捕逸も同2位。守備率.993は同ワーストだ。

 森にとってオリックスはプロ初本塁打を打った相手。しかも、4打数4安打と相性がいいチームということもあったのだろう。森のスタメンマスクは夏休み終盤のファンサービスにもなった。

 だが、今の西武は3位日本ハムと8ゲーム差の4位。CS進出はほぼ絶望的だ。正捕手の炭谷もオフにFA移籍が濃厚ともっぱらだから、なおさら森に1試合でも多くマスクをかぶらせて経験を積ませるべきではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る