熾烈な争い続くも…三振数も激増している「本塁打王」の価値

公開日: 更新日:

 シーズンも佳境に差し掛かる中、セ・パの本塁打王争いが盛り上がりを見せている。

 セは現在、エルドレッド(広島)が33本でトップ。バレンティン(ヤクルト)が3本差でその背中を追う。パはメヒア、中村剛也(共に西武)、ペーニャ(オリックス)が30本で三つ巴の様相を呈している。

 とはいえ、この熾烈な本塁打王争いの裏で気になることもある。ここ数年の「長距離砲」は本塁打数に比例して三振数も激増しているからだ。
 エルドレッドは12日時点で437打席中148三振。3打席に1度のペースで三振を喫している。メヒア(370打席127三振)や中村(408打席108三振)も同様で、特に中村は過去4度タイトルを取った年はいずれも120三振以上を記録している。

 現在のプロ野球は昔とは違いフォーク、スプリットなど落差のある球種が主流とはいえ、昔のプロ野球だってドロップカーブやシンカーはあった。その中でも本塁打王は三振が少なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る