白鵬に完敗…稀勢の里に“モンゴル横綱3人衆”の分厚い壁

公開日:  更新日:

大相撲夏場所12日目

 白鵬との1敗対決は完敗だった。稀勢の里は立ち合いをじらされると2回突っかけ、国技館内は微妙な空気に。3度目も稀勢の里が焦り気味にいったん腰を浮かせ、引いたところで立ち合いが成立してしまった。散々じらされた揚げ句、張り差しでダメ押しされ、あえなく寄り切られた。最後まで力を出せないまま敗れた稀勢の里。これで2敗となり、優勝争いから一歩後退だ。

 もっとも、仮に白鵬を下したとしても、優勝できたかどうか。稀勢の里にはまだ、日馬富士、鶴竜との対戦が控えている。ある相撲記者が言う。

「モンゴル勢にとっては、稀勢の里が横綱になろうものならメシの食い上げ。貴乃花以来の日本人横綱誕生は、相撲協会のみならず相撲ファンの悲願ですからね。CMやイベント出演など、おいしい仕事は全て稀勢の里に取られかねない。そのため3人がかりで挑むことになる。どのみち優勝できるのは1人だけ。3横綱のうち、最低だれか1人が優勝争いに絡んでいればいい。残り2人は優勝予定の横綱に星を集めるので、全力でアシストできる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る