白鵬も伸び伸び…大相撲は「モンゴル3強時代」が10年続く

公開日:  更新日:

 白鵬の高笑いが聞こえてきそうだ。11日に開幕した大相撲夏場所。白鵬、日馬富士、鶴竜という前代未聞の外国人3横綱となった。

「いい加減に日本人力士も出てこい」と、ファンもウンザリしているだろうが、残念ながら「モンゴル3強時代」は数年、いや、もしかすると10年は続きそうだ。

 10日に白鵬は、「(横綱が3人になったことで)余裕をもって伸び伸びやれるんじゃないか」と話していた。

 1人横綱時代は常に優勝のプレッシャーにさらされていた。鶴竜の昇進で責任は3等分される。しかも、白鵬にとって日馬富士と鶴竜は子分のようなもの。チンギスハンの時代から、モンゴルには「強い者が正しい」という風潮がある。年齢では日馬富士が1歳上でも、力士としては白鵬の方が格上。今後、誰がどこで優勝するかは白鵬の胸ひとつなのだ。

 初日の3横綱は日馬富士だけが黒星。以前なら「仕方ない。オレが勝つしかないか」と重い腰を上げていた白鵬だが、今場所からは鶴竜もいる。心身に負担がかからず「伸び伸び」できるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る