日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白鵬も伸び伸び…大相撲は「モンゴル3強時代」が10年続く

 白鵬の高笑いが聞こえてきそうだ。11日に開幕した大相撲夏場所。白鵬、日馬富士、鶴竜という前代未聞の外国人3横綱となった。

「いい加減に日本人力士も出てこい」と、ファンもウンザリしているだろうが、残念ながら「モンゴル3強時代」は数年、いや、もしかすると10年は続きそうだ。

 10日に白鵬は、「(横綱が3人になったことで)余裕をもって伸び伸びやれるんじゃないか」と話していた。

 1人横綱時代は常に優勝のプレッシャーにさらされていた。鶴竜の昇進で責任は3等分される。しかも、白鵬にとって日馬富士と鶴竜は子分のようなもの。チンギスハンの時代から、モンゴルには「強い者が正しい」という風潮がある。年齢では日馬富士が1歳上でも、力士としては白鵬の方が格上。今後、誰がどこで優勝するかは白鵬の胸ひとつなのだ。

 初日の3横綱は日馬富士だけが黒星。以前なら「仕方ない。オレが勝つしかないか」と重い腰を上げていた白鵬だが、今場所からは鶴竜もいる。心身に負担がかからず「伸び伸び」できるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事