白鵬も伸び伸び…大相撲は「モンゴル3強時代」が10年続く

公開日: 更新日:

 白鵬の高笑いが聞こえてきそうだ。11日に開幕した大相撲夏場所。白鵬、日馬富士鶴竜という前代未聞の外国人3横綱となった。

「いい加減に日本人力士も出てこい」と、ファンもウンザリしているだろうが、残念ながら「モンゴル3強時代」は数年、いや、もしかすると10年は続きそうだ。

 10日に白鵬は、「(横綱が3人になったことで)余裕をもって伸び伸びやれるんじゃないか」と話していた。

 1人横綱時代は常に優勝のプレッシャーにさらされていた。鶴竜の昇進で責任は3等分される。しかも、白鵬にとって日馬富士と鶴竜は子分のようなもの。チンギスハンの時代から、モンゴルには「強い者が正しい」という風潮がある。年齢では日馬富士が1歳上でも、力士としては白鵬の方が格上。今後、誰がどこで優勝するかは白鵬の胸ひとつなのだ。

 初日の3横綱は日馬富士だけが黒星。以前なら「仕方ない。オレが勝つしかないか」と重い腰を上げていた白鵬だが、今場所からは鶴竜もいる。心身に負担がかからず「伸び伸び」できるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  5. 5

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  6. 6

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  7. 7

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  8. 8

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る