NYの貴公子ジーター 引退後は「ハリウッド進出」情報も

公開日:  更新日:

 ニューヨークの貴公子が華麗なる転身を果たしそうだ。今季限りで引退を表明しているヤンキースのデレク・ジーター内野手(40)が、ユニホームを脱いで華やかなショービジネスの世界に身を転じるというのだ。

 歴代6位のメジャー通算3463安打(25日終了時)を放っているジーターの引退後を巡っては、複数の米メディアが「球団経営に興味を持っている」と報じ、まずはマイナー球団を買収して経営者としてのキャリアをスタートすると予想している。メジャー20年間の年俸総額は約265億円。マンハッタンの高級マンションとして知られる「トランプタワー」など複数の高額不動産を所有している他、CM収入、株式投資の運用益なども含めて総資産は500億円にのぼるとみられる。潤沢な自己資金を元手に、将来的には米プロバスケットボールNBAの伝説的スター、マジック・ジョンソン(現ドジャース共同オーナー)のようにメジャー球団の経営に参画するといわれているのだが、一部では映画産業の中心であるハリウッドへの進出も噂されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る