日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NYの貴公子ジーター 引退後は「ハリウッド進出」情報も

 ニューヨークの貴公子が華麗なる転身を果たしそうだ。今季限りで引退を表明しているヤンキースのデレク・ジーター内野手(40)が、ユニホームを脱いで華やかなショービジネスの世界に身を転じるというのだ。

 歴代6位のメジャー通算3463安打(25日終了時)を放っているジーターの引退後を巡っては、複数の米メディアが「球団経営に興味を持っている」と報じ、まずはマイナー球団を買収して経営者としてのキャリアをスタートすると予想している。メジャー20年間の年俸総額は約265億円。マンハッタンの高級マンションとして知られる「トランプタワー」など複数の高額不動産を所有している他、CM収入、株式投資の運用益なども含めて総資産は500億円にのぼるとみられる。潤沢な自己資金を元手に、将来的には米プロバスケットボールNBAの伝説的スター、マジック・ジョンソン(現ドジャース共同オーナー)のようにメジャー球団の経営に参画するといわれているのだが、一部では映画産業の中心であるハリウッドへの進出も噂されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事