• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“真央転ぶ”発言の森元首相 「反省」でも「後悔していない」

 フィギュア女子の浅田真央のことを、「あの子は大事なときには必ず転ぶ」と発言。世間から猛批判を浴び、日刊ゲンダイ本紙にわざわざ言い訳電話までかけてきた森喜朗元首相(76)が、ようやく“反省”を口にした。

 森は、26日出演したBSフジの番組で、「真央ちゃんを大好きな孫からものすごく怒られている」「自分の気持ち、真意を伝えるのって難しい。自分も反省しなければならない」と言っていた。

 だったら、最初から慎重に発言すればいいものを。一国のトップをやったのに、そんなことも学習していないのか。

 ただ、浅田真央が会見で「森さんは、少し後悔しているのではないかな、と思います」と語ったことに対しては、「後悔していない」だって。どこまでも食えない老人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る