日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人ドラフト外れ1位の“隠し玉”は超無名の「イチロー2世」

 10月23日に迫ったドラフト会議の巨人の戦略が固まってきた。1位は早大の有原航平(4年=広陵)でほぼ一本化。右ヒジを痛め、リーグ戦の登板を回避していたが、28日の明大戦で復帰。視察した日米のスカウトを安心させた。

 有原は巨人の他にも、阪神や広島など最大で8、9球団が競合する可能性がある。巨人は昨年のドラフトで1位指名した石川(現ロッテ)を抽選で外し、外れ1位で捕手の小林を獲得。人気者には「抽選」というリスクがある。

 巨人の1位リストには済美の剛腕・安楽智大(3年)も残されているというが、セ球団の関東地区担当スカウトは「1番人気の有原を1位で指名するなら、大事なのは外れ1位を誰にするか。安楽は1位で消える投手。外れでは残っていないでしょう」と言う。

■野球専門誌の候補リストにも入っていない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事