巨人ドラフト外れ1位の“隠し玉”は超無名の「イチロー2世」

公開日: 更新日:

 10月23日に迫ったドラフト会議の巨人の戦略が固まってきた。1位は早大の有原航平(4年=広陵)でほぼ一本化。右ヒジを痛め、リーグ戦の登板を回避していたが、28日の明大戦で復帰。視察した日米のスカウトを安心させた。

 有原は巨人の他にも、阪神や広島など最大で8、9球団が競合する可能性がある。巨人は昨年のドラフトで1位指名した石川(現ロッテ)を抽選で外し、外れ1位で捕手の小林を獲得。人気者には「抽選」というリスクがある。

 巨人の1位リストには済美の剛腕・安楽智大(3年)も残されているというが、セ球団の関東地区担当スカウトは「1番人気の有原を1位で指名するなら、大事なのは外れ1位を誰にするか。安楽は1位で消える投手。外れでは残っていないでしょう」と言う。

■野球専門誌の候補リストにも入っていない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る