日米野球の要警戒は“メジャー最小兵”首位打者アルトゥーベ

公開日: 更新日:

 小柄だからといって甘く見ていると、痛い目にあいそうだ。「2014日米野球」(11月10日~)の主催者は1日、ホセ・アルトゥーベ(アストロズ=24)、ジャスティン・モーノー(ロッキーズ=33)の両内野手、ブライス・ハーパー外野手(ナショナルズ=22)の追加の来日メンバーを3人を発表した。

 いずれも実績のあるスター選手ばかりだが、親善試合とはいえ、日本の投手陣にとって最も警戒すべきはアルトゥーベだろう。アストロズの主砲であるアルトゥーベは今季660打数225安打の打率3割4分1厘で初の首位打者を獲得。チームはア・リーグ西地区4位に終わったものの、開幕から安打を量産して注目を集めた。安打数、盗塁数(56)はいずれもリーグトップだ。

 豪快なスイングながら巧みなバットコントロールに定評があるが、このアルトゥーベは現役メジャーで最も身長の低い選手として知られる。チームの公式発表によるとアルトゥーベは身長165.1センチ。近代野球とされる1900年以降、160センチ台の首位打者は存在せず、アルトゥーベは史上初の快挙を達成した。

 ベネズエラ・アラグア州マラカイ出身。低予算で運営するアストロズが13年に4年総額1250万ドル(約13億7000万円)で契約延長したことからも、球団の期待の高さがうかがえる。

 日米野球でもアルトゥーベのバットが火を噴きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る