日米野球の要警戒は“メジャー最小兵”首位打者アルトゥーベ

公開日: 更新日:

 小柄だからといって甘く見ていると、痛い目にあいそうだ。「2014日米野球」(11月10日~)の主催者は1日、ホセ・アルトゥーベ(アストロズ=24)、ジャスティン・モーノー(ロッキーズ=33)の両内野手、ブライス・ハーパー外野手(ナショナルズ=22)の追加の来日メンバーを3人を発表した。

 いずれも実績のあるスター選手ばかりだが、親善試合とはいえ、日本の投手陣にとって最も警戒すべきはアルトゥーベだろう。アストロズの主砲であるアルトゥーベは今季660打数225安打の打率3割4分1厘で初の首位打者を獲得。チームはア・リーグ西地区4位に終わったものの、開幕から安打を量産して注目を集めた。安打数、盗塁数(56)はいずれもリーグトップだ。

 豪快なスイングながら巧みなバットコントロールに定評があるが、このアルトゥーベは現役メジャーで最も身長の低い選手として知られる。チームの公式発表によるとアルトゥーベは身長165.1センチ。近代野球とされる1900年以降、160センチ台の首位打者は存在せず、アルトゥーベは史上初の快挙を達成した。

 ベネズエラ・アラグア州マラカイ出身。低予算で運営するアストロズが13年に4年総額1250万ドル(約13億7000万円)で契約延長したことからも、球団の期待の高さがうかがえる。

 日米野球でもアルトゥーベのバットが火を噴きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    安倍首相「未来投資会議」が描く 70歳就労は“姥捨て制度”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る