広島2位確保に血眼 CS本拠地開催の意外な優位性とは?

公開日: 更新日:

「もし阪神が2位通過したら、去年のように勝てないかもしれない。やっぱりウチは何としても2位にならないと……」

 阪神と熾烈な2位争いを繰り広げる広島のチーム内から、こんな声が聞こえてきた。

 CS本拠地開催なら最大3試合で5億円ともいわれる売り上げが見込める。この臨時収入は大きな魅力であり、松田オーナーも2位通過を厳命しているのは当然としても、広島には地の利を生かしたい事情があるという。

 昨季、3位だった赤ヘル軍団はCSファーストステージで2位阪神を敵地甲子園で“2タテ”し、ファイナルステージに進出した。公式戦は阪神ファンで埋まる甲子園だが、CSでは日本シリーズの販売方式にのっとり、左翼席を広島ファンに“開放”。結果、球場は黄色と赤色で真っ二つに分かれ、むしろカープファンの熱気に阪神が気おされる格好になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る