広島2位確保に血眼 CS本拠地開催の意外な優位性とは?

公開日: 更新日:

「もし阪神が2位通過したら、去年のように勝てないかもしれない。やっぱりウチは何としても2位にならないと……」

 阪神と熾烈な2位争いを繰り広げる広島のチーム内から、こんな声が聞こえてきた。

 CS本拠地開催なら最大3試合で5億円ともいわれる売り上げが見込める。この臨時収入は大きな魅力であり、松田オーナーも2位通過を厳命しているのは当然としても、広島には地の利を生かしたい事情があるという。

 昨季、3位だった赤ヘル軍団はCSファーストステージで2位阪神を敵地甲子園で“2タテ”し、ファイナルステージに進出した。公式戦は阪神ファンで埋まる甲子園だが、CSでは日本シリーズの販売方式にのっとり、左翼席を広島ファンに“開放”。結果、球場は黄色と赤色で真っ二つに分かれ、むしろカープファンの熱気に阪神が気おされる格好になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る