日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジ軍の鍵握るポージー “日本帰り”打撃コーチとの二人三脚

 ジャイアンツの2年ぶりの世界一奪還の鍵を握るのがバスター・ポージー捕手(27)だ。

 正捕手ながら今季は主に3番を任され、547打数170安打の打率3割1分1厘、22本塁打、89打点。チームの2年ぶりのポストシーズン進出に貢献した。11年5月には本塁クロスプレーで相手走者のタックルを受けて左足腓骨骨折に左足首靱帯断裂。選手生命を危ぶまれる重傷を負い、後に捕手への体当たりを規制する、いわゆる「ポージー・ルール」が導入されるきっかけとなった選手だ。

 チームが世界一を成し遂げた12年には首位打者、シルバースラッガー賞などの他、MVPにも選ばれた。強打の捕手として地位を築いたのは、現役時代にロッテ(94年)、ヤクルト(95~96年)でプレーし、現在はジャイアンツで打撃コーチを務めるミューレンスの存在が大きいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事