• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子マラソン 日本勢は銀・銅も突きつけられた世界との差

 日本を代表する市民ランナーと実業団ランナーが揃って世界の壁にはね返された。

 アジア大会(韓国・仁川)は3日(9時号砲)、男子マラソンが行われ、バーレーンのマハブーブが2時間12分38秒で優勝。日本勢は松村康平(27=三菱重工長崎)が2時間12分39秒で2位、“市民ランナーの星”といわれる川内優輝(27=埼玉県庁)は2時間12分42秒で3位に終わった。

 終始スローペースだったレースが動いたのは36キロ過ぎだった。北朝鮮の選手が転倒すると、マハブーブ、日本勢2人による三つ巴の争いに。41キロを過ぎると、マハブーブがスパート。これに松村が付き、川内が遅れる中、勝負は競技場までもつれる。トップで競技場に入ってきたマハブーブを松村は必死に追ったが、前回(10年)中国・広州大会の5000メートル金メダリストには及ばなかった。松村、川内とも今回が初マラソンのマハブーブを相手に力負けである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る