岡田氏阪神監督「再登板」 球団の狙いはオリ金子の“口説き役”

公開日:  更新日:

 和田監督の「後釜」候補として、04年から5年間采配を振った岡田彰布氏(56=野球評論家)をリストアップしているという阪神。岡田氏といえば阪神監督在任中から南球団社長をはじめ、フロント幹部らとチーム編成などで衝突。オリックス監督を経て、評論家になってからも事あるごとに古巣を批判し、今もフロント幹部との関係はよくない。そんな岡田氏がなぜ、和田監督の後任候補に挙がるのか。

 今季も優勝を逃した阪神は今オフ、チーム再建のため、国内FA権を取得したオリックスの金子や平野佳の獲得に動くことが予想されている。しかし、この2人は阪神に好印象を抱いていない。ここ数年、城島、小林宏らを獲得しながら数年で三くだり半を突きつけた阪神の球団体質に不信感を抱いているからで、「仮に球団が札束を積んで誠意を見せたところで、2人が縦じまのユニホームに袖を通す可能性は低い」とオリックス関係者は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る