日本大逆転負けの世界体操 中国エースの大失態がドラマ演出

公開日: 更新日:

 最後は大歓声に負けた感もする7日の世界体操男子団体の日本。0.991点差の1位で最後の鉄棒の演技に入ると、45.857点差で中国の演技を待った。最終演技者のチェンロンが15.861点以上出さなければ、日本は36年ぶりの金メダルだった。そのチェンロンはノーミスだったとはいえ、15.966という異常な高得点。

 結局0.1点差で負けて、インタビューマイクを向けられたキャプテン内村は開口一番、「言いたいことは山ほどあるんですけど」。5種目に出た加藤も「これが採点競技の怖さだと知らされました」と悔しさをにじませた。

 とはいえ、そもそもこんな接戦になったのは、「中国の秘密兵器」と呼ばれるエースのシュウディがミスを連発したからだ。やや苦手とするあん馬の着地技が乱れると、15.5点以上は堅いとみられていた得意の平行棒でもまさかのミス。いずれも14点台で、中国は終始日本を追う展開となった。

 23歳のシュウディは、今年5月の中国選手権で個人総合を含む4冠を達成。23歳という年齢でも、五輪や世界選手権などには出場したことがない今大会の隠し玉。9日に行われる男子個人総合では5連覇を狙う内村の最強のライバルであることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る