日本大逆転負けの世界体操 中国エースの大失態がドラマ演出

公開日: 更新日:

 最後は大歓声に負けた感もする7日の世界体操男子団体の日本。0.991点差の1位で最後の鉄棒の演技に入ると、45.857点差で中国の演技を待った。最終演技者のチェンロンが15.861点以上出さなければ、日本は36年ぶりの金メダルだった。そのチェンロンはノーミスだったとはいえ、15.966という異常な高得点。

 結局0.1点差で負けて、インタビューマイクを向けられたキャプテン内村は開口一番、「言いたいことは山ほどあるんですけど」。5種目に出た加藤も「これが採点競技の怖さだと知らされました」と悔しさをにじませた。

 とはいえ、そもそもこんな接戦になったのは、「中国の秘密兵器」と呼ばれるエースのシュウディがミスを連発したからだ。やや苦手とするあん馬の着地技が乱れると、15.5点以上は堅いとみられていた得意の平行棒でもまさかのミス。いずれも14点台で、中国は終始日本を追う展開となった。

 23歳のシュウディは、今年5月の中国選手権で個人総合を含む4冠を達成。23歳という年齢でも、五輪や世界選手権などには出場したことがない今大会の隠し玉。9日に行われる男子個人総合では5連覇を狙う内村の最強のライバルであることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る