日本大逆転負けの世界体操 中国エースの大失態がドラマ演出

公開日:  更新日:

 最後は大歓声に負けた感もする7日の世界体操男子団体の日本。0.991点差の1位で最後の鉄棒の演技に入ると、45.857点差で中国の演技を待った。最終演技者のチェンロンが15.861点以上出さなければ、日本は36年ぶりの金メダルだった。そのチェンロンはノーミスだったとはいえ、15.966という異常な高得点。

 結局0.1点差で負けて、インタビューマイクを向けられたキャプテン内村は開口一番、「言いたいことは山ほどあるんですけど」。5種目に出た加藤も「これが採点競技の怖さだと知らされました」と悔しさをにじませた。

 とはいえ、そもそもこんな接戦になったのは、「中国の秘密兵器」と呼ばれるエースのシュウディがミスを連発したからだ。やや苦手とするあん馬の着地技が乱れると、15.5点以上は堅いとみられていた得意の平行棒でもまさかのミス。いずれも14点台で、中国は終始日本を追う展開となった。

 23歳のシュウディは、今年5月の中国選手権で個人総合を含む4冠を達成。23歳という年齢でも、五輪や世界選手権などには出場したことがない今大会の隠し玉。9日に行われる男子個人総合では5連覇を狙う内村の最強のライバルであることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る