日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第22回>骨と皮だけの体に筋肉をつけていった

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 私が拒食症を患い、競技生活を休止していた03年、着々と進んでいたのがフィギュアの採点方式の変更、つまり「ルール改正」でした。

 03年までのジャッジは、基本的に各審判が技術点、芸術点をそれぞれ6点満点で採点。そこに、順位点を加えた総合点で順位が決められていました。

 ところが、02年のソルトレークシティー五輪で採点スキャンダルが発覚したこともあり、各審判の主観性(感覚)中心だったジャッジングが大幅に変更。04年からは技術点、プログラム構成点に加え、ジャンプの回転不足への厳しい減点も行われるようになったのです。このジャンプの減点法が私にとって致命傷でした。

 ルール改正前から、私のジャンプはトリプルルッツ(左足外側エッジで後ろ向きに滑りながら右足つま先で踏み切る3回転ジャンプ)もトリプルフリップ(左足内側エッジで後ろ向きに滑りながら右足つま先で踏み切る3回転ジャンプ)も回転力が足りなく、いろいろと試行錯誤の繰り返し。それでも、旧ルールでは大きな減点はされませんでした。それが、新ルールでは大幅に減点されるようになったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事