日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第20回>クシで髪をといたら大量に毛が抜け落ちた

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 拒食症の治療途中で仙台に戻った03年10月。私を待っていたのは寂しい「独り暮らし」でした。

 体重はこの頃、35キロ前後にまで回復も、長久保(裕)先生からは「体重が40キロになるまでは滑らせない。まずはリハビリで歩くことから」と言われ、リンクでの練習許可が下りませんでした。

 スケートを滑らないのであれば、大学生活を送るだけ。しかし、私は入学直後に病気を患い、すぐに豊橋の実家に戻ったため、大学には友人がほとんどいませんでした。

 楽しいキャンパスライフどころか、授業に出ても独りぼっち。知り合いができても、食べられるものが限られるため、一緒に食事ができません。「学食」での会話は特につらかった。


 そんな生活を送っていたら、次第に人に会うこと自体が嫌になりました。拒食症になるとよくある症状のようで、いわゆる「対人恐怖症」です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事