鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第21回>奇異の視線に怯えながらガリガリの体でインカレに出場

公開日: 更新日:

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 拒食症という病気になって半年が過ぎた03年12月。32キロまで落ちた体重が38キロ前後に戻った私は、ようやく長久保(裕)先生からリンクで滑ることを許されました。

 半年以上も氷上から遠ざかっていたこともあり、最初は病気になる前のような演技、ジャンプはできません。それどころか、向きを変えただけで転ぶほど何もできなくなっていました。でも、不思議なもので、滑れば滑るほど以前の感覚は戻り、自信も湧いてきました。その姿を見て、大学のスケート部の部長からある提案を受けました。

「滑りきれるかどうかわからないけど、1カ月後のインカレ(全日本学生選手権)に出てみるか?」

 実戦から遠ざかり、体調も万全でないことを考えれば、今の自分の現状を把握するいいチャンスかもしれない。後に聞いた話ですが、長久保先生も私が試合に出れば奮起するのではないかと思っていたそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る