日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第21回>奇異の視線に怯えながらガリガリの体でインカレに出場

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 拒食症という病気になって半年が過ぎた03年12月。32キロまで落ちた体重が38キロ前後に戻った私は、ようやく長久保(裕)先生からリンクで滑ることを許されました。

 半年以上も氷上から遠ざかっていたこともあり、最初は病気になる前のような演技、ジャンプはできません。それどころか、向きを変えただけで転ぶほど何もできなくなっていました。でも、不思議なもので、滑れば滑るほど以前の感覚は戻り、自信も湧いてきました。その姿を見て、大学のスケート部の部長からある提案を受けました。

「滑りきれるかどうかわからないけど、1カ月後のインカレ(全日本学生選手権)に出てみるか?」

 実戦から遠ざかり、体調も万全でないことを考えれば、今の自分の現状を把握するいいチャンスかもしれない。後に聞いた話ですが、長久保先生も私が試合に出れば奮起するのではないかと思っていたそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事