<第26回>フィギュアのプログラムはこうして作ります

公開日: 更新日:

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 バンクーバー五輪を9カ月後に控えた09年5月。私はフリーのプログラムを大幅に刷新するため、カナダのトロントを拠点に活動していた女性振付師のシェイリーン・ボーンさん(38)を訪ねました。

 カナダ人の彼女は元アイスダンスの世界チャンピオン。現役時代から私の憧れのスケーターで、表現力豊かな選手です。ジャンプでは他の選手に勝ち目のない私は、表現力や芸術性を伸ばさなければオリンピック出場はかなわない。氷上の表現力がフィギュア以上に重要視されるアイスダンス部門に身を置き、五輪開催国のカナダ事情に詳しい彼女に、私に合うプログラム作りをお願いしたのです。

 完成までの期間はわずか1週間。1週間というと短いようですが、このぐらいの期間が一般的です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る