日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第23回>競技継続が困難と考えていたころ、就職先が見つかった

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 入学直後に拒食症を患ったせいで、大学在学中に実績を残せなかった私は、卒業後にスケートを続けられる保証がありませんでした。

 フィギュア競技はお金がかかるスポーツです。

 日本を代表する「強化指定選手」になれば、連盟やスポンサーなどから資金等を含め、援助していただけます。が、そうでない選手は経済的な負担が少なくありません。夢半ばで違う道へ進んでしまう選手が多いのが実際のところです。

 例えば、貸し切り練習でかかるリンク使用料や、世界の大会に転戦するための遠征費。ショート、フリー、エキシビションの衣装代も決して安くはありません。そこにコーチへの月々の指導料、プログラム制作費用等々が加わる。全てを含めると1年間で数百万円単位の費用が、選手に重くのしかかってくるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事