日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第25回>バンクーバーで惨敗 「ここに戻ってくるしかない」と

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 拒食症を克服し、再び世界で戦えるレベルになった09年。国内のトップスケーターたちは翌年(10年2月)に迫るバンクーバー五輪に向け一斉に始動しました。

 当時の女子フィギュアの序列は上から順に(浅田)真央、(安藤)美姫、(中野)友加里ちゃん、村主(章枝)さん、そして私。日本人女子フィギュアの代表枠は「3」でしたから、普通に考えれば出場は厳しい状況でした。

 そんな私が五輪を意識するようになったのは09年1月。バンクーバー五輪本番のリンクで行われた「4大陸選手権」での惨敗でした。

 この年のシーズン(08―09年)はNHK杯でも2位に入るなど、調子は良かったのですが、なぜか4大陸選手権だけは8位に終わってしまったのです。調子がいいのに結果が出ない試合ほど悔しいものはありません。しかも、会場は五輪と同じリンク。モヤモヤしたものが心の中に残りました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事