日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第24回>所属選手だからこそできた1人で2時間の「リンク独占」

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 07年1月のユニバーシアード優勝のおかげで、幸運にも邦和スポーツランドの契約社員になれた私は、同年4月から再び名古屋でのスケート生活を再開しました。

 契約社員としての業務は練習の合間を縫ってのリンクでの受付、それに付随する仕事でした。貸靴の受付では、リンクに来るお客さまに靴をお渡ししたり、スケート教室に来る子供たちの出席管理など。貸靴の受付はリンクに近いため、「寒さ」も襲ってきました。業務のあとの練習は体が冷えてカチコチに。練習、仕事、再び練習という一日中リンクにいる生活は、体が慣れるまでとてもつらかったことを今でも思い出します。

 もっとも、その時の経験のおかげで、普段から氷の状態やリンクを整備してくださるスタッフの方々と密接に関わることができ、スケート以外の多くのことを学べたことは財産になっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事