鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

鈴木良平氏 CL3連勝ドルト香川に「もっと貪欲にゴールを」

公開日: 更新日:

 欧州CLのガラタサライ―ドルトムント戦では、試合前に注目選手として1トップに入ったFWオーバメヤンを挙げたが、ズバリ的中した。

 前半6分、MFロイスのクロスに反応したオーバメヤンが、右足ダイレクトで決めた。12分後には、右SBピスツェクからのクロスを右足ボレーで追加点。素晴らしい連続ゴールで試合を決定づけた。

 ドルトムントは、今季ブンデスリーガで2勝1分け5敗と絶不調。18チーム中14位にあえいでいる。堅い守備をベースに前線から強烈なプレスを掛け、ボールを奪うと素早いカウンターを仕掛けていく。このドルトムントの持ち味をなかなか発揮できないでいる。

 敵地に乗り込んだドルトムントは、あえて「前から!」という意識を捨て、ある程度はガラタサライにボールを支配させつつ、効果的なカウンターを繰り出してゴールを重ねた。ガラタサライ戦を契機に選手たちが、本来のパフォーマンスを思い起こせば、上昇機運に乗っていけるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る