香川骨折の例も ミラン幹部が気を揉む本田の「アジア杯」行き

公開日: 更新日:

 セリエA・ミランMF本田圭佑(28)のゴールラッシュが止まらない。19日のベローナ戦で2ゴールを叩き込み、7戦して通算6ゴールは、得点ランク堂々の首位タイだ。

 あるスポーツ紙の「このままいけば32発で得点王」は持ち上げ過ぎとしても、昨季ドイツで15ゴールを挙げたFW岡崎慎司(28)の「日本人欧州リーグ最多得点記録」の更新は、十分に射程圏内と言ってもいいだろう。

 ミラン1年目の昨季は14試合で1ゴール。まるで別人のような好成績にミラン幹部もいたくご満悦……と言いたいところだが、ミラン幹部の顔色は冴えない。

 というのも、来年1月9~31日の日程でアジア杯(オーストラリア)が開催され、本田は日本代表の一員として参加。あくまで日本が決勝まで勝ち進んだ場合だが、最大で5試合のセリエAを“頼れるストライカー本田”抜きで戦わないといけないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る