香川骨折の例も ミラン幹部が気を揉む本田の「アジア杯」行き

公開日:  更新日:

 セリエA・ミランMF本田圭佑(28)のゴールラッシュが止まらない。19日のベローナ戦で2ゴールを叩き込み、7戦して通算6ゴールは、得点ランク堂々の首位タイだ。

 あるスポーツ紙の「このままいけば32発で得点王」は持ち上げ過ぎとしても、昨季ドイツで15ゴールを挙げたFW岡崎慎司(28)の「日本人欧州リーグ最多得点記録」の更新は、十分に射程圏内と言ってもいいだろう。

 ミラン1年目の昨季は14試合で1ゴール。まるで別人のような好成績にミラン幹部もいたくご満悦……と言いたいところだが、ミラン幹部の顔色は冴えない。

 というのも、来年1月9~31日の日程でアジア杯(オーストラリア)が開催され、本田は日本代表の一員として参加。あくまで日本が決勝まで勝ち進んだ場合だが、最大で5試合のセリエAを“頼れるストライカー本田”抜きで戦わないといけないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る