香川骨折の例も ミラン幹部が気を揉む本田の「アジア杯」行き

公開日:  更新日:

 セリエA・ミランMF本田圭佑(28)のゴールラッシュが止まらない。19日のベローナ戦で2ゴールを叩き込み、7戦して通算6ゴールは、得点ランク堂々の首位タイだ。

 あるスポーツ紙の「このままいけば32発で得点王」は持ち上げ過ぎとしても、昨季ドイツで15ゴールを挙げたFW岡崎慎司(28)の「日本人欧州リーグ最多得点記録」の更新は、十分に射程圏内と言ってもいいだろう。

 ミラン1年目の昨季は14試合で1ゴール。まるで別人のような好成績にミラン幹部もいたくご満悦……と言いたいところだが、ミラン幹部の顔色は冴えない。

 というのも、来年1月9~31日の日程でアジア杯(オーストラリア)が開催され、本田は日本代表の一員として参加。あくまで日本が決勝まで勝ち進んだ場合だが、最大で5試合のセリエAを“頼れるストライカー本田”抜きで戦わないといけないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る