日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

香川のドルトムント復活即活躍を喜べない日本スポンサー

 ドイツ1部ドルトムントに復帰した日本代表FW香川真司(25)。12年6月に移籍したイングランドの強豪マンチェスター・ユナイテッドでは出番を失っていたが、古巣では定位置のトップ下を任されて、水を得た魚のようにのびのびとプレー。移籍後の初試合でゴールを決め、欧州中に「カガワ復活」を印象付けた。

 もっとも、香川のドイツ復帰を手放しで喜べない人たちがいる。マンUとスポンサー契約を交わした日本企業だ。

 香川がマンUに移籍するとヤンマー、セイコーエプソン、カゴメといった日本の有力企業が相次いでクラブとスポンサー契約を結んだ。もちろん、日本代表の主軸FW香川の存在が決め手になったのは言うまでもない。

 ところが、香川はこの夏ドルトムントに移籍してしまい、スポンサー契約を交わしている日本企業8社にとっては、広告効果が薄れて肩透かしを食らった格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事