ミランはドロー 本田圭佑は「単独得点王」ならずも守備で貢献

公開日: 更新日:

 ミランに所属するMF本田圭佑(28)は、日本時間27日のフィオレンティーナ戦(午前4時45分キックオフ)に先発したが「3戦連発・単独得点王」は実現しなかった。

 ミランは、フランス代表FWメネズが1トップを務め、左にイタリア代表FWエルシャーラウィーが、右にMF本田が入って3トップを形成。この中で稼ぎ頭は、7戦6ゴールで得点ランク首位タイの本田だ。前節ベローナ戦では2ゴールの大活躍。本田が結果を出した試合は4勝1分けと、不敗神話継続中である。

 もっとも、この日はフィオレンティーナの左SBアロンソの徹底マークもあり、攻撃どころか自陣深くまで戻って守備に忙殺されるシーンも多かった。とはいえ、劣勢の時間帯の中でも“本田らしさ”が随所で光った。

 前半40分、フィオレンティーナのコロンビア代表MFクアドラードがミラン陣地左奥に侵入。本田が体をブツけながらボール奪取。ドリブルで駆け上がった。追走するクアドラードが体を寄せた瞬間、本田はもんどりうって倒れ、クアドラードにイエローカードが出された。クアドラードはこのイエローカードで退場を恐れて、激しいプレーが出来なくなった。本田はクレバーなプレーで相手攻撃陣の主軸に“足かせ”をはめたというワケである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る