• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

助っ人に大金奮発 セのライバルが「巨人V4阻止」へ準備着々

 中日の森ヘッドコーチがドミニカ共和国に飛んだ。落合政権時から続けている、新外国人発掘の恒例行事。ただ、今回はチーム関係者も驚く変化があった。森ヘッドが球団から5億円の予算を持たされ、飛行機に乗ったことである。

「そもそも、森さんがドミニカに行くようになったのは、将来性のある外国人を安く取るため。球団から助っ人獲得予算を削られた末の苦肉の策だった。余計なカネのかかる代理人のいる選手はリストから外すなどコストダウンを徹底し、無名の助っ人を発掘してきた。これまでの予算は1億円でしたからね。凄い外国人を連れてくるぞ、と森さんも張り切っていました」(チーム関係者)

 谷繁兼任監督で出直しを図った今季、中日は4位とBクラスに沈んだ。就任直後、球団の編成から聞かされた外国人の予算は総額で4億円。すでに残留の決まっていたルナとカブレラの年俸で3億円に達していたため、残りはたったの1億円だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る