グリエルも横取り? ソフトB「青天井の財力」と「底なし強欲」

公開日: 更新日:

「8月に二塁の本多が左手を骨折して長期離脱した。三塁の松田もケガが多い選手。遊撃の今宮も伸びていない現状がある。もともと、キューバとのパイプを持っている王会長は、解禁前の昨年の段階で『戦力としてはいいものがある。議論になるのは確か』とキューバ選手に興味津々でした。解禁になった今季は見送ったものの、このオフは獲得に動くのが確実です」

 一部スポーツ紙によれば、ソフトバンクは「4年16億円」の獲得資金を準備したという。その金額が正しいかどうかはともかく、「ソフトバンクの条件は他球団と比べものにならないくらい破格の金額だそうです。争奪戦に参加したある球団の関係者は『ウチが用意したカネではケンカにならない』と早くも白旗を揚げていましたから」とは前出の関係者だ。

 ソフトバンクの後藤芳光球団社長兼オーナー代行は日刊スポーツの取材に答え、こう言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る