グリエルも横取り? ソフトB「青天井の財力」と「底なし強欲」

公開日: 更新日:

■巨人は早くも“白旗”か

 そうなるとピンチなのは、以前からグリエルを狙っていた巨人だ。今季はDeNAにさらわれたとはいえ、解禁前からキューバ野球連盟に獲得を要望している2年越しの“恋人”だからだ。今季は二塁にFA1年目の片岡がいたが、打率.252で後半戦はベンチを温める試合が増えた。このオフは再び二塁が補強ポイントになる。チーム打率(.257)がリーグ5位とふるわなかった貧打脱出の起爆剤として、是が非でも獲得したい助っ人なのだ。

 グリエルは帰国後にキューバで行った会見で、「巨人などいいチームが他にもあるが、もし選べるならDeNAに戻ることを選ぶ」と話したという。仮に本人の意向が反映されるならDeNA残留だし、基本的にはキューバ野球連盟と日本の球団の交渉で、最終的に「条件」がモノをいう可能性が高い。“金満”といわれる巨人も、近年はマネーゲームには消極的。どちらに転んでも苦しい戦いを強いられそうなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る