• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逸ノ城ヒヤヒヤ初白星…今場所苦戦を招いた親方の“怠慢”

 勝つには勝った。そうとしか言いようがない相撲だった。大相撲九州場所2日目、新関脇逸ノ城(21)が初白星。宝富士を右からの下手投げで転がしたものの、パワー以上に目立ったのが立ち合いの弱さだ。

 逸ノ城は立ち上がるのが遅く、しかも腰高の棒立ち。一度は宝富士に押し込まれたほどだ。相撲評論家の中澤潔氏が言う。

「宝富士は相撲はうまいが、決して力強い力士ではない。力不足の力士が相手だったから勝てたということです。相手次第では立ち合いからそのまま押し切られたでしょう」

 初日も横綱日馬富士の鋭い立ち合いに付いて行けず、あっさりと土俵を割った。日馬富士も「当たっただけで終わっちゃった」と、拍子抜けしていたほどだ。

■幕内力士とは稽古せず場所入り

 今場所直前は入院と腰の違和感で満足に稽古が出来なかった。出稽古には一度も行かず、逸ノ城の他には三段目以下の力士しかいない湊部屋で汗を流しただけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る