初日惨敗の逸ノ城が背負わされる「土俵に新風を」という重荷

公開日: 更新日:

 これが先場所を沸かせた「モンゴルの怪物」と本当に同一人物なのか。そう思いたくなる新関脇逸ノ城(21)の相撲だった。

 九州場所初日は、横綱日馬富士と対戦。秋場所では横綱が途中休場したため、初顔合わせでどんな相撲を取るのかと、福岡のファンも固唾をのんで見守った。

 ところが、日馬富士に素早い立ち合いで懐に入られると防戦一方。何も出来ないまま寄り切られた。

 逸ノ城は「(立ち合いが)合わなかった」とつぶやいたが、中継を解説した北の富士(元横綱)は「それはあくまで本人の感覚であって、はたから見れば明らかに立つのが遅れた」とピシャリと言った。

 逸ノ城にも同情すべき事情はある。なにせ、初日から横綱戦では緊張の度合いが違う。しかも、相手は立ち合いの鋭さを武器とする日馬富士だ。初顔合わせで横綱の速攻をしのぐのは難しい。場所前は取材やイベントなどに駆り出され、満足な稽古が出来ずにストレスでダウン。さらに腰を痛めるなど、状態も良くはなかった。それでも期待の新関脇が見せ場すらつくれず、惨敗した代償は大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る