アギーレ不在で存在感 “謎の代表ヘッドC”ゲリングの正体

公開日: 更新日:

 日本代表が11日、キリンチャレンジカップ(14日ホンジュラス戦=豊田市、18日オーストラリア戦=大阪市)に向けた国内合宿2日目を行った。セリエAではここ4試合、疲労困憊で無得点のミランMF本田圭佑(28)、左手首故障のシャルケDF内田篤人(26)などの欧州組にアギーレ体制後、初招集となったG大阪のMF遠藤保仁(34)、MF今野泰幸(31)のブラジルW杯組たち総勢23人が練習メニューを消化したが、この日の合宿ですサプライズがあった。

 イングランド人のヘッドコーチ、スチュアート・ゲリング(40)が、日本代表コーチングスタッフの一員として初めて存在感を示したからだ。

 ゲリングは練習終盤、DF登録8選手を集め、ピッチの半分を使ってポジショニングの練習を始めた。レギュラー組DFとして酒井高徳(23=シュツットガルト)、吉田麻也(26=サウサンプトン)、森重真人(27=FC東京)、内田が横一線に並び、他4人が相手攻撃系選手を担当。ボール保持者に相対する選手がプレッシャーをかけ、ボールが展開された際のポジショニングなど細かく指示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る