オリ2位・宗佑磨の母親が語る「育児と仕事と勉強の16年」

公開日:  更新日:

 横浜の南西に位置する古都・鎌倉。歴史ある家屋が軒を連ねる住宅街の一角に宗と母・ミカさん(51)は暮らしている。

 自宅は、リンパ排出法のセラピストであり整体師のミカさんの仕事場でもある。宗も疲れた体を癒やすため、施術室で母の治療を受けることがある。

「今ではセラピストとして独立していますが、全て30代になってから猛烈に勉強して資格を取得しました。20代の頃は7歳からクラシックバレエを習っていたこともあり、フラメンコやサルサの歌手をしながら音楽事務所で外国人音楽家の企画、招聘を担当していました。いろいろ経ての現在ですので、そこから話すと一冊の本ぐらいになってしまいますよ(笑い)」

 こう話すミカさん。20代の頃からアフリカの太鼓音楽に魅了され、92年にセネガルに渡り、縁あって知人のギニア人で国立バレエダンサーと結婚。何度か日本とアフリカを行き来しつつ、しばらく現地で生活した後、一緒に帰国した。そして96年6月、当時暮らしていた東京・武蔵野市で長男である宗が生まれたが、97年に離婚。そこから1歳の息子との母子生活が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る