阪神ドラ1横山雄哉 母親が語る「初夢と甲子園」の不思議な縁

公開日:  更新日:

 横山は今年の正月、初夢を見た。

 どこかのプールで泳いでいた。すると空から黄金の竜がやってきた。何人か泳いでいる中で横山の左腕に突然パクッと噛みつき、空へ引き上げた。そして竜は横山をカプセル型のきらびやかな小部屋に入れた。竜のすみかなんだと思った。夢はそこで終わる。

 その時、家族は親戚同士の集いで家の近場の山形・天童温泉の宿に泊まっていた。初夢の話を聞いた母・昌子さん(55)はこう述懐する。

「すごい初夢だなと驚きました。そしたら今年、阪神さんにドラフト1位で取っていただいて……。高校1年の最後の頃には白い蛇が自分のところにスルスルッと来た夢を見たことがあったと。すると高2の春に21世紀枠で甲子園出場が決まった。もちろんそれだけが理由というわけじゃないですけど、何か持っているのかなと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る