• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神ドラ1横山雄哉 母親が語る「初夢と甲子園」の不思議な縁

 横山は今年の正月、初夢を見た。

 どこかのプールで泳いでいた。すると空から黄金の竜がやってきた。何人か泳いでいる中で横山の左腕に突然パクッと噛みつき、空へ引き上げた。そして竜は横山をカプセル型のきらびやかな小部屋に入れた。竜のすみかなんだと思った。夢はそこで終わる。

 その時、家族は親戚同士の集いで家の近場の山形・天童温泉の宿に泊まっていた。初夢の話を聞いた母・昌子さん(55)はこう述懐する。

「すごい初夢だなと驚きました。そしたら今年、阪神さんにドラフト1位で取っていただいて……。高校1年の最後の頃には白い蛇が自分のところにスルスルッと来た夢を見たことがあったと。すると高2の春に21世紀枠で甲子園出場が決まった。もちろんそれだけが理由というわけじゃないですけど、何か持っているのかなと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る