• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新人王やドラ1も…トライアウト選手59人の“悲痛な叫び”

「トライアウトを受けるのは不思議な気持ち。マウンドに上がって初めて、もしかしたら最後かなと思ったくらいです」

 こう話したのは前ソフトバンクの江尻慎太郎(37)。01年の自由枠で日本ハムに入団、07年にはリリーフで7勝(4敗)をマークしてリーグ優勝に貢献したベテラン右腕だ。

 9日に行われた12球団合同トライアウト。中日の落合GMら各球団のフロント幹部が集結した草薙球場(静岡)で、戦力外通告を受けた計59選手が最後のアピールに目の色を変えた。

 だが、江尻のようにユニホームを脱がされたことにいまだ戸惑いを感じる選手も少なくない。

■阪神時代にメディアに囲まれ「嫌になった」

 DeNAの11年ドラフト1位の北方悠誠(20)は、プロで1勝も挙げられず戦力外に。昨冬の台湾ウインターリーグでは最速158キロをマークしながら、今季からサイドスローに転向。フォームを崩し、制球難に陥って戦力外通告を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

もっと見る