フィギュアスケート引退の村主章枝 目指す「振付師」への課題

公開日:  更新日:

「羽生(結弦)選手に『振り付けをしてもらいたい』と言われる振付師になりたい」――。

 女子フィギュアスケートで五輪に2大会連続出場(ソルトレークシティー、トリノ)した村主章枝(33)が13日の引退会見でこう話した。

 日本人初のグランプリファイナル覇者でもある村主は「次回の五輪は37歳と年齢的にも厳しいので競技者としては潮時かなと思いました」と引退を決めた理由を説明した。

 今後は現役時代に振り付けを依頼していたローリー・ニコル氏に師事し、コリオグラファー(振付師)を目指すという。

 振付師は演技プログラムを構成する上でスケート技術に加えて、芸術や音楽に関する知識も求められる。最近では独創的な演技が評価される傾向にあり、振付師のセンスも問われる。

 村主は04年世界選手権に女子で初めてパンツルックで出場。06年GPシリーズカナダ大会に当時は禁止されていたボーカル入りの曲を使用するなど、パイオニア的な存在だった。振付師に転身後はオリジナルの演技が編み出せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る