チーム圧勝も蚊帳の外 香川の無得点いつまで続くのか

公開日:  更新日:

「両脇と1トップが活躍した」「前半から体が重かった」「感覚は最悪だった」と自虐コメントを連ね、最後は代表チームメートの名前を引き合いに出して「結果を残さないといけないね。圭佑君みたいに」とつなげた。

 日本代表FW香川真司(25)の所属するドルトムントが、22日のCLでトルコの強豪ガラタサライを4─0で一蹴。しかし、トップ下の香川は無得点。それどころか後半37分には左太もものけいれんでベンチ送り。それで試合後は、ボヤキのオンパレードだったのである。

 確かにガラタサライ戦で香川の影は薄かった。“両脇”の左サイドMFロイス、右サイドMFムヒタリアンが好機を次々に演出。1トップのFWオーバメヤンが2ゴールを決め、さらにロイスが1ゴール、そして香川に代わって投入されたFWラモスが1ゴールと確実に結果を残す中、攻撃系選手で香川ひとりがカヤの外とあって「いつまで不調が続く?」とスポーツマスコミも大騒ぎだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る