日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チーム圧勝も蚊帳の外 香川の無得点いつまで続くのか

「両脇と1トップが活躍した」「前半から体が重かった」「感覚は最悪だった」と自虐コメントを連ね、最後は代表チームメートの名前を引き合いに出して「結果を残さないといけないね。圭佑君みたいに」とつなげた。

 日本代表FW香川真司(25)の所属するドルトムントが、22日のCLでトルコの強豪ガラタサライを4─0で一蹴。しかし、トップ下の香川は無得点。それどころか後半37分には左太もものけいれんでベンチ送り。それで試合後は、ボヤキのオンパレードだったのである。

 確かにガラタサライ戦で香川の影は薄かった。“両脇”の左サイドMFロイス、右サイドMFムヒタリアンが好機を次々に演出。1トップのFWオーバメヤンが2ゴールを決め、さらにロイスが1ゴール、そして香川に代わって投入されたFWラモスが1ゴールと確実に結果を残す中、攻撃系選手で香川ひとりがカヤの外とあって「いつまで不調が続く?」とスポーツマスコミも大騒ぎだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事