マー君 来季も宿敵レ軍に「間抜け」呼ばわりされる危険性

公開日:  更新日:

 メジャー2年目も今季の前半戦同様の成績を残せるとは限らない。ヤンキース・田中将大(26)の前に同地区のライバルであるレッドソックスの強力打線が立ちはだかるからだ。

 昨季の世界一から一転、地区最下位に沈んだレッドソックスは今オフ、積極的な補強を敢行。12年ワールドシリーズMVPのパブロ・サンドバル内野手(28=前ジャイアンツ)、09年のナ・リーグ首位打者H・ラミレス内野手(30=前ドジャース)をFAで獲得。2人合わせて1億8300万ドル(約214億円)の大型契約だ。

 田中は今季レッドソックス戦3試合に登板して1勝2敗、防御率4.50。レッドソックス打線はチーム打率2割4分4厘(リーグ13位)、総本塁打132(同12位)、総得点634(同11位)と振るわなかったにもかかわらず、同地区との対戦では最も相性が悪かった。

 6月28日の対戦では九回に決勝本塁打を許したナポリから侮辱された。カウント1-2と追い込みながら、高めの直球を投じた田中にナポリはベンチで「間抜け」と発言。これを中継局の集音マイクが拾ったため、全米を巻き込む議論に発展した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る