マー君 来季も宿敵レ軍に「間抜け」呼ばわりされる危険性

公開日:  更新日:

 メジャー2年目も今季の前半戦同様の成績を残せるとは限らない。ヤンキース・田中将大(26)の前に同地区のライバルであるレッドソックスの強力打線が立ちはだかるからだ。

 昨季の世界一から一転、地区最下位に沈んだレッドソックスは今オフ、積極的な補強を敢行。12年ワールドシリーズMVPのパブロ・サンドバル内野手(28=前ジャイアンツ)、09年のナ・リーグ首位打者H・ラミレス内野手(30=前ドジャース)をFAで獲得。2人合わせて1億8300万ドル(約214億円)の大型契約だ。

 田中は今季レッドソックス戦3試合に登板して1勝2敗、防御率4.50。レッドソックス打線はチーム打率2割4分4厘(リーグ13位)、総本塁打132(同12位)、総得点634(同11位)と振るわなかったにもかかわらず、同地区との対戦では最も相性が悪かった。

 6月28日の対戦では九回に決勝本塁打を許したナポリから侮辱された。カウント1-2と追い込みながら、高めの直球を投じた田中にナポリはベンチで「間抜け」と発言。これを中継局の集音マイクが拾ったため、全米を巻き込む議論に発展した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る