マー君 来季も宿敵レ軍に「間抜け」呼ばわりされる危険性

公開日: 更新日:

 メジャー2年目も今季の前半戦同様の成績を残せるとは限らない。ヤンキース・田中将大(26)の前に同地区のライバルであるレッドソックスの強力打線が立ちはだかるからだ。

 昨季の世界一から一転、地区最下位に沈んだレッドソックスは今オフ、積極的な補強を敢行。12年ワールドシリーズMVPのパブロ・サンドバル内野手(28=前ジャイアンツ)、09年のナ・リーグ首位打者H・ラミレス内野手(30=前ドジャース)をFAで獲得。2人合わせて1億8300万ドル(約214億円)の大型契約だ。

 田中は今季レッドソックス戦3試合に登板して1勝2敗、防御率4.50。レッドソックス打線はチーム打率2割4分4厘(リーグ13位)、総本塁打132(同12位)、総得点634(同11位)と振るわなかったにもかかわらず、同地区との対戦では最も相性が悪かった。

 6月28日の対戦では九回に決勝本塁打を許したナポリから侮辱された。カウント1-2と追い込みながら、高めの直球を投じた田中にナポリはベンチで「間抜け」と発言。これを中継局の集音マイクが拾ったため、全米を巻き込む議論に発展した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る