ドルトムント最下位 不発の香川は代表でも「10番」剥奪危機

公開日: 更新日:

 ついに恐れていた事態となった。日本代表MF香川真司(25)の所属するドルトムントが、フランクフルトと対戦(日本時間1日午前1時30分キックオフ)して0―2で敗れ、ブンデスリーガ最下位の18位に転落してしまったのである。

 開幕前は優勝候補ともいわれたドルトムント。しかし、序盤から攻守の歯車が狂い、調子が上向く兆しも見られない。

 この日の相手フランクフルトは日本代表MF長谷部誠(30)、FW乾貴士(26)がプレー。トップ下で先発の香川は、注目の日本人対決でゴールに絡み、低迷するチームに渇を入れたいところ。だが、開始5分にフランクフルトFWマイヤーに先制ゴールを決められ、出はなをくじかれてしまう。

 香川はボールを呼び込み、ドリブルで局面を打開しようとしたり、味方とのコンビプレーでシュートチャンスを演出しようとするが、フランクフルトでアンカーを務める長谷部の執拗な守備にもてこずり、決定的な仕事をさせてもらえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

もっと見る