• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相手OGでドルト勝利も 香川は攻撃“余剰人員”に格下げ危機

 対照的なチーム同士の対戦となった。

 日本代表FW香川真司(25)所属のドルトムントは、2勝1分け7敗で暫定ながら最下位。相手のボルシアMGは5勝5分け。3位の好位置をキープしている。戦力外通告を受けたマンUから復帰、ここまでインパクトを残せないでいる香川にしてみれば、自らゴールを決めて勝利を手繰り寄せ、チームとともに一気に上昇機運に乗りたいところ。

 香川は、地元でのボルシアMG戦(日本時間10日午前1時半開始)に、トップ下で先発出場した。

 最初の見せ場は前半14分。右サイドからFWオーバメヤンが、低い弾道のクロスを入れた。スライディングしながら飛び込んでいった香川。相手GKにクリアされてしまったが、ドンピシャのタイミングでゴールの予感が漂ったプレーだった。

 26分には、左FWロイスとのコンビプレーで相手DF網を混乱させ、最終的にオーバメヤンのシュートを引き出し、満員の地元サポーターから大きな拍手が送られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事