W杯最年長Vの葛西紀明 「26年札幌は選手で」の現実味は?

公開日:  更新日:

 伝説の男が、新たな伝説をつくった。29日にフィンランドで行われたノルディックスキーのW杯ジャンプ男子で、葛西紀明(42)が33歳のアマンと同点優勝を成し遂げ、42歳5カ月で自身の持つW杯での最年長記録を更新した。これには五輪金メダル4個を持つアマンも「信じられない! レジェンド(伝説)!」と称賛の嵐だった。

 今季は講演会やイベント出席などに追われて練習量は例年の半分。ベスト体重を3キロオーバーしながらも遠征中に絞り、今回の優勝だ。

 葛西は地元北海道の札幌市が26年冬季五輪に立候補したことを受け、「国内での五輪は長野(98年)が最後と思ってた。できれば(札幌でも)選手で出たい」と話した。26年冬季五輪の時、葛西は53歳。まさかとは思うが……。

 旧ユーゴスラビアのナショナルスキーチームのコーチだった平山昌弘氏は、「体力的にはさほど問題はないでしょう」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る