順調に回復 レジェンド葛西にスーツ規格変更の「追い風」

公開日:  更新日:

フィンランド合宿から練習再開

「(ケガが)完治してから飛びます。9割方、良くはなっていますけど」

 ソチ五輪ジャンプ男子で銀と銅メダルを獲得した葛西紀明(42、土屋ホーム)が17日、都内で開かれた所属先の新商品発表会に出席。2月に痛めた右ひざに関してこう言い、今月下旬からのフィンランド合宿で練習を始めることを明らかにした。

 5月の宮古島合宿では体の衰えを感じなかったそうで、このまま順調に回復すれば7月の大会から実戦復帰する見込みらしい。

 国際スキー連盟は14―15年シーズンから、ジャンプで使用するスーツの規格を変更する方針を明らかにしている。

 現行では寸法を体の大きさから2センチ以内と定めているものの、男子は3センチ、女子は4センチ以内に変更。生地の厚みも現行の4~5ミリから4~6ミリに変わる。

 これまでの密着度の高いスーツで着地の際に負傷するケースが増えたため、飛ぶスピードを抑えるなどケガの防止が主な目的だ。抵抗が大きくなるわけだから結果として飛距離も落ちるかもしれないが、条件はほかの選手も一緒。すでに「レジェンド」と呼ばれ、ケガの多い葛西にとっては朗報だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る