• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

順調に回復 レジェンド葛西にスーツ規格変更の「追い風」

フィンランド合宿から練習再開

「(ケガが)完治してから飛びます。9割方、良くはなっていますけど」

 ソチ五輪ジャンプ男子で銀と銅メダルを獲得した葛西紀明(42、土屋ホーム)が17日、都内で開かれた所属先の新商品発表会に出席。2月に痛めた右ひざに関してこう言い、今月下旬からのフィンランド合宿で練習を始めることを明らかにした。

 5月の宮古島合宿では体の衰えを感じなかったそうで、このまま順調に回復すれば7月の大会から実戦復帰する見込みらしい。

 国際スキー連盟は14―15年シーズンから、ジャンプで使用するスーツの規格を変更する方針を明らかにしている。

 現行では寸法を体の大きさから2センチ以内と定めているものの、男子は3センチ、女子は4センチ以内に変更。生地の厚みも現行の4~5ミリから4~6ミリに変わる。

 これまでの密着度の高いスーツで着地の際に負傷するケースが増えたため、飛ぶスピードを抑えるなどケガの防止が主な目的だ。抵抗が大きくなるわけだから結果として飛距離も落ちるかもしれないが、条件はほかの選手も一緒。すでに「レジェンド」と呼ばれ、ケガの多い葛西にとっては朗報だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る