順調に回復 レジェンド葛西にスーツ規格変更の「追い風」

公開日:  更新日:

フィンランド合宿から練習再開

「(ケガが)完治してから飛びます。9割方、良くはなっていますけど」

 ソチ五輪ジャンプ男子で銀と銅メダルを獲得した葛西紀明(42、土屋ホーム)が17日、都内で開かれた所属先の新商品発表会に出席。2月に痛めた右ひざに関してこう言い、今月下旬からのフィンランド合宿で練習を始めることを明らかにした。

 5月の宮古島合宿では体の衰えを感じなかったそうで、このまま順調に回復すれば7月の大会から実戦復帰する見込みらしい。

 国際スキー連盟は14―15年シーズンから、ジャンプで使用するスーツの規格を変更する方針を明らかにしている。

 現行では寸法を体の大きさから2センチ以内と定めているものの、男子は3センチ、女子は4センチ以内に変更。生地の厚みも現行の4~5ミリから4~6ミリに変わる。

 これまでの密着度の高いスーツで着地の際に負傷するケースが増えたため、飛ぶスピードを抑えるなどケガの防止が主な目的だ。抵抗が大きくなるわけだから結果として飛距離も落ちるかもしれないが、条件はほかの選手も一緒。すでに「レジェンド」と呼ばれ、ケガの多い葛西にとっては朗報だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る